鮮やかな水色で地紋がある無地ということですから、色合わせで考えますと、ピンクのものがお歳柄に

鮮やかな水色で地紋がある無地ということですから、色合わせで考えますと、ピンクのものがお歳柄に相応しいかと存じます。。私も『黒のバンブー』のものかな…… と最初は思ったのですが、この季節ですと『竹』は少々清々しく感じるかな? と思い直しました。。。。『和装バッグ』なるものが存在し、草履とセットで売られていますが、和服では礼装の度合いが高くなれば高くなるほど手に何も持ちません。それは男性でも女性でも同じです。そのために女性には『箱迫(はこせこ)』というものがあり、箱迫に納められないもの、例えば財布などは帯の間に挟むものなんです。それら財布などが、帯の間に落ち込んでしまわないように『飾り根付』を付けて落下防止にするんですね。現在はこの飾り根付を、単なる帯のアクセサリーと勘違いしている人も多いですね。。。和装でバッグを持つようになったのは、大正とも昭和初期とも言われています。。よく『西欧のクラッチバッグに倣って、和装でもバッグを持つようになった』などと言われます。。しかし、西欧のドレスコードではアクセサリーの一部として扱われるバッグでないと、礼装時には持てないんですね。帯生地などで華やかな和装バッグが多いのは、そういう理由があるからです。。西欧でも礼装の度合いが高くなれば高くなるほどバッグなどは持ちません。西欧だと正式なセレモニーにはダンスがありますからね。バッグを持ってワルツなんて踊れませんよね(笑)。。草履とバッグをセットにするようになったのも、西欧のコーディネートに倣ったもので、別に履き物とセットにする必要も根拠も決まりもありません。。。ですからまず和装では、バッグは単純に『荷物の持ち運びに使うもの』とお考えください。ですから風呂敷でも何でも構わないものなんです。しかしそれでは味気ないですよね。。。和装には『絶対にこれ!』というバッグの決まりはありません。ですからご自身の工夫次第で、いくらでもアレンジできるものなんです。。時によって『皮革のものは殺生を…』などと仰る方もいらっしゃるでしょうが、それは和装に限った配慮ではありませんからね。。。洋服のコーディネートにバッグを合わせるのと同じで、お召し物の色、柄に合わせてご覧になって下さい。

どれも固い感じなのでちょっと…ですが、選ぶなら左下の黒かなあと思います。。他の二つも、もっとカジュアルな服装、紬とか小紋でも小さい柄が総柄で入っているようなカジュアルなものなら合うかなと思います。。。色無地に金糸の帯というのが気になるのですが、なんだか略礼装みたいになってないでしょうか?。略礼装のような組み合わせで色無地だと、きまじめな紺のスーツとか、そういう印象です。たとえば、結婚式の花嫁の付き添いさんなんか、そういう格好です。。お洒落してお出掛けというよりも、まじめなお勤め(公私どちらでも)という感じがします。。帯が洒落っ気のあるものならおしゃれ着感が出ますが、そうでないならむしろ訪問着の方がおしゃれ着らしい雰囲気になります。

とても素敵な道行コートですね

とても素敵な道行コートですね。衿の形がきれいですし、地色も若々しくて素敵です。こういう上品な色目の無地の道行が一番使えます。もちろん、お召しになって大丈夫ですヨ。このような色合いはあまり年齢を問いません。若い方ももちろん大丈夫ですし、40代ー50代になっても使えます。。。無地の道行コートは、小紋や紬のような街着はもちろん、訪問着や付下げなどの略礼装の時にも合わせられます。。。なお、ご存じと思いますが、コートは戸外で着るもので、室内では脱いでくださいね。羽織は室内で着ていても大丈夫です。。。観劇なさる時は、劇場にコートをいれるロッカーがなければ、袋に入れて座席の下や足元に置きます。ですので、コートがいれられる位のビニール袋や折り畳み可能な袋物を携帯するといいですよ。羽織は脱がなくてもいいから便利ですが、昨今室内は大体暖房しているので、結構暑くなってしまいます。コートは結構便利なんですよ。。厳冬期には、袖のふりから冷たい空気が入ってくるので、大き目のショールを羽織るといいですよ。

こちらの画像の和装コートのお衿は、千代田衿と呼ばれるものです。。お顔映りも重要ですが、20代後半でしたらお似合いになるお色だと思います。。小紋とコートの色合いにセンスの良さが伺えます。。。道行衿は衿のあきを四角にし、小衿を額縁のようにふちどった衿の事をいいます。。千代田衿と同じように、へちま衿も洋服から取り入れられた衿がございますが、こちらはご年配の方がよくお好みになられます。。。胸の明き、衿の形は着る人の体型や好みによって調整しますが、お若い方は、画像よりも衿幅を広めにとった方が胸元が美しく見え、おすすめです。

眼鏡店でも、度数確認する機械を使い視力検査されてるので、大丈夫ですよ

眼鏡店でも、度数確認する機械を使い視力検査されてるので、大丈夫ですよ。。。ただ、初めての眼鏡作成や何か眼のご病気や傷などある場合は、眼科受診されて眼鏡の処方箋を書いてもらってから眼鏡屋さんで作ったほうが無難でしょう。

安売り眼鏡店とは比べものに成らないですが、その他の「安売り眼鏡店で無いチェーン店」と比べると

安売り眼鏡店とは比べものに成らないですが、その他の「安売り眼鏡店で無いチェーン店」と比べるとはっきり言って「大差ない」ですね。。数件眼鏡屋を見て回ったら解る話ですが、何所の眼鏡屋も置いてある商品に大差ないわけです、特にブランド物なんて言うのは各店舗に「満遍なくある」訳です。。違うのは価格設定とサービス等々ですよ、後は各社の「オリジナル眼鏡」が特徴に成るだけですね。。この「オリジナル眼鏡」だって各社の商品の「一部」でしか無いです、本当に代わり映えしないのが現実ですね。

まち針なんか汚いし、金属アレルギーになることだってありますよ

まち針なんか汚いし、金属アレルギーになることだってありますよ。。ファーストピアスはホールが安定するまで外せないので、ピアスを着けっぱなしに出来ない環境なら、体のためにも諦めるべきです。。どうしても開けたいというなら、バイオプラストという透明ピアスがありますので、それをファーストピアスとして使用して下さい。。ニードルで開けて、バイオプラストをぶっ挿せばOK。